人気おしゃれのブランド財布、ブランドバッグやおブランド時計などの情報が満載

500元以内にお勧めのメンズ財布

タナーグッズ

これは、クラフトマンシップに焦点を合わせた都市、ポートランドを起源とするアメリカのブランドです。 Tanner Goodsの財布素材は米国から来ており、生産も地元で行われています。主に植物性なめし革素材で作られており、耐久性と耐久性があります。財布は活力に満ちており、使用するほど便利になり、年月の痕跡があると、財布はよりレトロに見えます。

ハーシェル

カナダのアウトドアバッグブランド。そして、彼らのホームウォレットは比較的費用対効果の高い選択肢であり、面倒なデザインではなく、シンプルで実用的です。したがって、生徒は選択することをお勧めします。ウォレットの各シリーズには独自の名前があり、SinanはEdwardシリーズをお勧めします。革とキャンバスのスプライシングスタイルであり、シンプルなキャンバススタイルと比較すると、明らかにデザインが高級です。

ココマイスター

これは日本の革ブランドで、実際、日本の財布について言えば、土屋はもっと有名なブランドです。しかし、近年、日本のココマイスターは、優れたハンドメイドと優れたヨーロッパ革の使用により、ますます多くの人々のお気に入りになっています。

無印良品

全体的に寒い気候ですが、素材はより頑丈で汎用性がありますが、MUJIウォレットはほとんどが植物性タンニンで処理されているため、革はより丈夫で耐久性があります。財布の使用はますます光沢が増し、革の変化を長続きさせますが、不利な点は、MUJI財布の種類が少なく、割引がほとんどないことです。風合いも非常に良く、革はより厚く、少し古めかしいもので、時間の経過とともに長年の痕跡が残り、ユニークな外観は良い成長体験に失われません。